家族葬に呼ぶ人を考える基準

家族葬は、家族のみでなく、親戚、故人の友人等を呼んでも良いものです。但し、少人数のお見送りという意味の式なので、呼ぶ人数は限られます。そういう場合、誰を呼ぶべきか悩むものです。何しろ、家族葬は新しいスタイルの式なので決まりがありませんから、一般的な常識というのが浸透していません。

その場合、呼ぶ人は家族任せですから、家族でどんな基準で参列者を呼ぶか考えた方が良いでしょう。どうしていいのか分からない場合は、任せている葬儀会社のスタッフや過去に家族葬を経験したことのある人に相談するのも、良い方法です。人の経験は良い参考になります。

親戚の場合は、日頃から付き合いの深い人が良いでしょう。余りに遠い場所に住んでいる人は参列するのは大変ですから、お知らせのみにした方が良いです。友人も、日頃から付き合いのある人のみという場合が多いでしょう。そのような人がいないのであれば、無理に呼ばなくても大丈夫です。このように、家族葬には明解な基準がありませんから、ごく親しいと思われる親戚、友人に参列してもらうと考えておきましょう。その基準は家族で決める必要があります。故人と親しくつきあっていた人のみに見送ってもらえるのが家族葬という新しいかたちです。